町田市話し方連盟主宰の徒然・・・



それって 先生冥利?

 基礎講座が終了した、正しくは今年度の基礎講座が修了である。
10月開講、30回コース。例年の如く、2年生が新入生の世話をする。
世話をして行く過程で2年生も成長する。班長も先生も勉強する。
「コトバに良い悪いは無い!どぅいう心で云ってるかだ」だの
「言ってることの半分ウソ冗談・あとの半分シャレ嫌味」まぁ悪口雑言
罵詈讒謗のセンセだが 皆さんはこれを恕して下さる・理解して下さる。

だからワタシが教えるんじゃなくて、皆さんに教えて戴いてるようなもの
 言えることは、ヒヨコだった皆さんがしっかりしたヒナになり娑婆に出た。
ってこと、この後は更に研鑽して立派に 成鳥になって貰いたい。贈った
「学校じゃ試験でせう、娑婆じゃ【智のテスト】はなんたって話し方。
[PR]
# by sakaishiki | 2016-07-25 17:35 | Comments(0)

進退伺い

 情けないことを、また書かねばならない。
「明るいものの考え方」を」標榜していながら、コノところ「暗~い事件」が続く。
 
 結婚ヒロエンが終わった。ご承知の「模擬披露宴」です。不首尾だった、
不出来だった。当然叱るわね、責任者に「進退伺」を出すように言った。    

 大反省である  「進退伺」を出すべきは 自分であったことに気付いた。
遅~い、「職務上の不首尾を侘び、処分をお任せする」モノと理解してた、
日本人だもの、受け取ったからって「ああそうかいやめて貰いましょう」ってん
じゃなく、それっていつも謂う「ゴアイサツ」だぜ・・って、  カタチだよって

 この際だからヒモトイテみたら、普通に理解の他に
「部下がシデカシタ不始末を侘び、上司が出す」とある。  叱って悪かった。
    出すべきは 酒井でありました。   ハイ悪いのはみな ワタクシです。
[PR]
# by sakaishiki | 2016-07-11 07:34 | Comments(0)

話し方教室の看板降ろすかぁ

 こんなに情けない事って生まれて初めてで、ずっと尾を引いてる。

 レジに並んでた。列が長かった、順番が直前の男性、とても具合が悪そうで
殆どしゃがみこんでる、(薬物中毒?かしら)と思ってた。空いても進まない
業を煮やして怒鳴った「めぇが空いてんだよ!」むっくり立ち上った男性がいう
「いまてめぇナンて云った?」前が空いてる・・・「そうじゃねぇだろ、怒鳴ったろ?」
でも、大きな声は地声ですから・・・・「もぅ少し優しく言いいなよ?」 で 詫びた。

 普段から大きな声を出した折に「怒ってる」怒ってねぇ「怒ってる」怒ってねぇ・・
くだんの男性がもし 刃物でも持っていたら・・・と思うと ゾッとする。

 ナニが話し方のセンセだ、反省してもしきれない。看板降ろすようかなぁ
[PR]
# by sakaishiki | 2016-07-04 21:53

[オ]つければ それでイイってもんじゃない

 「ワタシどうしていいかワカンナイ」いきなりの相談である
「その人豊子さんていうの、ずっとワタシ【オトヨサン】って呼んでた、そしたら
昨日「おとよって云わないで!まるで女中さんみたいだから」って、そんな気
ないのよ,深いお付合いをしたいから、親しく呼びたいと思ったからなのにぃ・・
(悪気が無かったからって許されないと思う、下に見られたって思いがずっと
あったとしたら、無礼な事だったね、これから豊子さん!って云うんだね)
「アラ、だって【オ】って敬語でしょ?ワタシ ワカンナイ」  である。
(アンタ、おビール飲む?って云うタイプ、気の良いタイプと言えなくもない)

 後日「良かったぁ 私 知らない事多くてゴメンナサイって謝ったワ」
以後はちゃんと名前で呼ぶことにしました、お蔭で友情は続いてるという、
メデタシメデタシ。イイゴアイサツは 人間関係の潤滑油である。
[PR]
# by sakaishiki | 2016-06-28 22:41 | Comments(0)

トンデモナイことでございます

 少し離れて歩いてる彼女たちの話が聞える、「アラトンデモナイ」ってのが
聞えた「○○さん素敵だね、今どきしっかり トンデモナイ なんて言える人少ない、
飛んでもございませんなんて馬鹿な言い方する人居るんだぜ」脇から 声あり
【あら飛んでもございません、はいけないんですか?】彼女への当てこすりに
なっちゃった「いけないよ、飛んでも無い事でございます。ってのを丁寧に
云おうとしておかしな云い方をする、トンデモナイ」

 彼女は「ナニかする前」を【何々しない前】というし【ワタシ適にィ・・】はおろか
普段から「アイマイ語」として云うな!と厳命してる
「イイデス、ドウモ、スミマセン」も云う

 女の器量はコトバしだい といつも言う。素敵な物言いをしたい。
「トンデモゴザイマセン」なんて トンデモナイ 
[PR]
# by sakaishiki | 2016-06-19 21:40

ワタシ髪を切ります!

 営業でいたころ、大失態でお客様にご損をおかけした、勿論社長同伴で赴き
「反省します、弁償もします」申し入れたが赦して貰えない。仕入担当がボソッと
『頭丸めて来るんだな』翌朝丸めた頭で挨拶に伺った、赦して貰えた。

 いま酒井がそんな事態になってる、配慮が足らずに生徒さんの人格を傷つけた。
とてもナィーブな方だ、いきなり丸坊主で木曜の勉強会にお逢いしたら
余計にショックかもしれない、昨朝まず お詫びに伺った。
(センセの資格ないよぅ・でなくても頭丸めるぐらいじゃなきゃなりません)
床屋に行く決心がつかない、坊主になる勇気が出ない、明日は公開講座だから・・
ぐるぐる思考を巡らせている自分に都知事が重なる・・・・情けない。アァ情けない




[PR]
# by sakaishiki | 2016-06-15 09:34 | Comments(0)

気遣いが無いのはイヤ

 麻雀教室をしてる「ワタシ麻雀を習いに来てます、何故皆さんはあんなに
冗談云いあったり、お菓子が飛び交ったりするんですか?」アンタもすれば?
「ワタシはあんな冗談に入ってイケマセン!」って言う。
問題だよコレは・・塾生の心得としていつもコウ云いつけている
「頭が固い・真面目・融通が利かない・冗談分らない・人のミスを許せない」
コレの当てはまる方は、ウチの麻雀に向いてないのです、他に行きなさい。
 酒井流と嘯いてるからは、ソレを承知で来て貰いたい、
コウも書いてる「麻雀を道と考えます、気配りが一番大事です」
ヤメナサイ!って叱った。努力しますと言うから【執行猶予】にしてある。

「反省だけならサルでも出来る」変って貰いたいねぇ

[PR]
# by sakaishiki | 2016-06-07 20:14 | Comments(0)

言葉のプレゼント

 通り過ぎて気が付いた、取って返したから、さっき声かけた老婆が驚く、
「いや、姐さんから先に挨拶されちゃった。通り過ぎてからあんまり嬉しくて
戻った、有難う」怪訝な彼女にいつも持ってる「長寿の心得」手拭を渡した。
 聞けば子供を待ってると言う、三人の子が孫連れて来てくれる。みんなで
シダンゴ山に行くという(私たちが行く山だ)いい話だ。   言った、
「お子さんがね、揃ってファミリーで来てくれる。親を大事にする、嬉しいよ、
姐さんの躾が良いからだ、近頃聞かない良い話だ、教科書に載せたい位だ」
83だという老婆の皺だらけの顔に、嬉しそうなほわんとした感じが見えた。
せっかく人間だけが持ってるコトバを使って人間関係を充実させたい。
 言霊と謂う、言葉のプレゼント心がけたい。

[PR]
# by sakaishiki | 2016-05-30 20:34

ごめんなさい!ってなぜ言えぬ

 施設の祭りに わが「歌唱団」の出番があった。一時間前集合で練習、
遅れて来た彼女平然と「私が来る前の部分もう一度やって下さい」
流石に先生「アナタ遅刻したのよ、時間に来てよね」言われて恐縮もおろか
「アラ家はちゃんと出たのよ、バスが遅れたの・・・」一同唖然・・
 その日最終日の稀代の名番組「笑点」で歌丸師が
「ゴメンナサイが言えない・有難うも、スミマセンも挨拶がなってないね」

 その日の夕方、いつもより遅かったのは確かだが、妻が「お風呂洗ってね!」
云われて(イマヤロウトオモッテタノニィ・・)思ってハッと気が付いた、
「ゴメンナサイが言えない」のは自分じゃないか、ああ恥ずかしい もぅ


[PR]
# by sakaishiki | 2016-05-23 21:57

500人の前でも話せます

「大勢いらっしゃいます、会長だいじょうぶですかぁ?」 案ずる教頭に
「なぁに アラカタ女だろ」登壇した途端 アタマが真っ白、絶句した・・
忸怩たる思いで探した話し方コーナー、何十冊の中で異彩を放ってたのが
その頃ブームの話し方のバイブル「江川ヒロシの500人の前でも話せます」
 「話し上手になる法」「スピーチの仕方」「上手な話し方」・・・・
もっとあった本の中で、そのタイトルが私を惹いた。
あの本に出会わなかったら今の私は居ない、だからいつも謂う、
聞いて貰って話だ、主題で惹けるか・切り出しで聞く気を起させられるか、
聞き手はアナタの切り出しで 評価をする。
それにしても、本は知識の宝庫だ。


 
[PR]
# by sakaishiki | 2016-05-15 20:21


酒井式話し方 26年目
ホームページあります
http://www.hpmix.com/home/sakaishiki/
カテゴリ
以前の記事
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧